放射線量の各地で個人レベルで普通に確認できる

「消臭力」や「ムシューダ」、「消臭ポット」などの日用品雑貨で、おなじみのエステーから、低価格放射線測定器を2011年10月に発売されていました。

楽天などで探しても、放射線測定器の低価格品は海外製品が多く、輸送途中の事故などの心配や、その品質の悪さを聞いていましただけに、期待できるニュースです。

エステーが発売した、家庭用の放射線測定器は、9,800円の「エアカウンター」。
「エアカウンター」は、福島県を中心に月産で約1~2万の生産量であったにもかかわらず、直ぐに完売して生産が追いつかない状況となっていました。
さらに関東地方でも、ホットスポットが心配されはじめ、「エアカウンター」の後継機種「エアカウンターS」の販売が始まります。価格は、7,900円。


「エアカウンター」も「エアカウンターS」も、地表から1mの高さのガンマ線の空間線量の測定に特化した製品です。つまり、食品や水に含まれれる放射性物質、放射線量を測定することができません。(食品や水に関して正確に測定するには、まだ高額な計測機器が必要となってくるのです。)

「エアカウンターS」は、本体の先端付近の下部に、医療機関で使用されるエックス線計測器の技術を応用した、放射線検出用のシリコン半導体(フォトダイオード)を装備しています。放射線の入射より発生した電荷を時間当たりでカウントし、放射線量の換算式(セシウム基準/Cs137)を用いて、「μSv/h」(毎時マイクロシーベルト)に変換して表示します。
なお、測定値については「国の認定を受けた第三者機関によって、国家標準に基づいた校正を実施し、承認を受けている」とのことです。

測定の仕方も簡単で、知面から1m離した状態で本体を水平に構えた後、スイッチを入れて約2分待つだけで、数値を手に入れることができます。

今後、一般の人が各地で測定した放射線量を、ホームページの地図上で値を見ることができる、専用サイト「エアカウンターリポート」も開設します。

「エアカウンターリポート」では、「エアカウンター」もしくは「エアカウンターS」を購入したユーザーが、カメラ機能とGPS機能を備えた携帯電話を利用して、放射線量の測定結果や測定場所の画像を送信することで、サイト上の地図にそれらの情報を反映するシステムになっているんですよ。(システムはウェザーニューズが構築)

今まで、以上に多くの放射線量がかなり狭い範囲で明確になることで、早く危険を察知することが可能になるのです。

あと望まれるのは、水や食品に含まれれう放射線物質や放射線量が測定できる低価格線量器ということでしょうか?
頑張れ!ニッポン!


参考URL:http://magazine.kakaku.com/mag/kaden/id=669/ 
      http://news.mynavi.jp/news/2011/12/09/010/index.html





トラックバックURL

http://hunbare.com/archives/495/trackback/

コメントはまだありません»

No comments yet.

Leave a comment

*