放射線被曝

放射線量が生涯累積100mシーベルトSvなら健康に影響はない??

2012年4月から食品中の放射性セシウムの新基準値が、厚生労働省より適用されました。
基準値を出されたものの、その値が適正なものなのかどうかの判断ができず、ましてや自治体や大手スーパー独自の基準値を設定しているのを見ると、その基準値って何?と思わずにいられません。

続きを読む


加工食品の放射能汚染の危険性

2012年4月から厚生省が決めた、食品の放射能汚染の新基準値が適用されます。
野菜類、穀類、肉、卵、魚などの食品を現在の規制値、1キロ当たり500ベクレルから100ベクレルに引き下げるというものです。しかし、福島原爆事故当時から、多くの人が心配してきた加工食品に関しての、取り決めはされなったようです。
続きを読む


加工食品の放射能の有無の判断は難しい、自己防衛策としては?

数日前の読売新聞で加工食品の原料原産地表示義務について、取り上げられていました。

流通システムが発達している現在、遠距離でも海外のものでも簡単に取寄せることができるようになってきています。加工食品で扱われている食材も、多くの地域から取寄せられています。
続きを読む


放射線量の各地で個人レベルで普通に確認できる

「消臭力」や「ムシューダ」、「消臭ポット」などの日用品雑貨で、おなじみのエステーから、低価格放射線測定器を2011年10月に発売されていました。
続きを読む


明治の粉ミルクステップのセシウムの第一発見者はNPO

明治乳業の粉ミルク「明治ステップ」から1キログラム当たり最大で、30.8ベクレルの放射性セシウムが検出されました。明治乳業は、対象の40万缶を無償交換するという、ニュースが報じられました。
続きを読む


肥田舜太郎さんをご存知ですか?

放射能を心配する声を聞かない日はなくなっています。
お正月早々、福島と関東の一部で高い数値の放射性物質が検出されているが、その原因は公開されていないという記事を読みました。放射能は依然として増え続けているのだ怖くなります。
続きを読む


ラクトフェリンが放射線の影響を和らげる

牛乳のセシウムの問題がとりざだされている中ですが、牛乳の中に含まれるラクトフェリンの内部被ばく低減化のニュースを読みました。
続きを読む


牛乳のセシウム検出が止まらない

6日前、放射能被曝から子供を守る会のブログで、幼稚園児の子供の尿だけにセシウムが検出されたの記事を読みました。(掲載URL:http://ameblo.jp/miraie-for-children/entry-11074326737.html
続きを読む


浄水器での放射性物質除去は本当?

放射能による水の汚染が心配されるなか、ウォーターサーバーが大流行となっています。ただ、水は生活のあらゆる場所で使用されるものです。料理の時の食器や鍋を洗う、お風呂、洗濯など、気になることばかりです。
続きを読む


学校給食への不安は過剰反応?

福島の市民団体が、「福島市内の6歳から16歳までの子供10人の尿(再尿時期は5月下旬)をフランスの民間団体ACROに依頼して放射能物質を測定したところ、10人中10人の尿からセシウム137、セシウム134が微量であるが、検出された。」と発表したという報道が流れました。
続きを読む


次のページ »