内部被曝,暫定規制値

屋外放置した藁を食べさせ、内部被曝した牛肉がばらまかれた

放射線被曝コメント&トラックバック(0)

福島県南相馬市の農家が出荷した肉用牛11頭から暫定基準値を超える放射性セシウムが検出されました。原因は、屋外保管していた飼料を家畜に与えたために、内部被爆をしたのです。
出荷された牛肉のうちの3分の1にあたる、およそ438kgが、8つの都道府県の25の飲食店やスーパーなどで、すでに販売され消費者の手に渡ってしまっているのです。
続きを読む