食中毒菌

梅雨に入ると家庭からも食中毒の危険性が!

食中毒コメント&トラックバック(0)

3月の下旬、鳥取県米子市で、60代の主婦がボツリヌス菌による食中毒で意識不明の重体となりました。原因は、真空パックの「あずきばっとう」というぜんざい(モチの代わりにうどんが入っているもの)の保存状態が悪かったことです。あずきばっとうは、真空パックで要冷蔵(0~5℃)の食品でしたが、冷蔵保存していなかったために、ボツリヌス菌が繁殖したことによるものです。
続きを読む