野菜嫌いの子供、野菜不足を補うための簡単な栄養補給

これから成長していくお子さんが、野菜嫌いで頭を悩ませている、お母様は多いと聞きます。

カルシウムは、身長が伸び健康な体を作っていくために欠かせませんし、乳歯から永久歯へ生え変わり、歯ごたえのある食材を噛み続けることは脳を刺激する上で大切なことです。さらにカルシウムは精神を安定させるうえで、大切な働きをしています。

筋肉や骨を作るのを助けてくれるのが、ビタミンB群です。
お肉や魚をよく食べているからと言って、安心していてはいけません。

体内でのウィルスや病原菌と戦い、風邪にかかりにくい免疫力のある体をつくるのは、ビタミンCです。
ビタミンCは、一度に沢山食べても体内に蓄積されることはなく、毎日尿と一緒に排出されていきます。さらに、熱や酸素に弱く、直ぐにビタミンCの働きを失ってしまうのです。

ビタミンEは、血液や血管の発達に重要な働きをします。抗酸化力があり、有害な活性酸素から守ってくれます。
ビタミンEが、ビタミンCの働きを助けますので、ビタミンCと一緒に採ると免疫力のある体になります。

まだまだ書きだしたらきりがないほど、野菜は子供の成長には欠かせません。
お米やタンパク質だけの食事を行っていると、健康的な体を作ることができなくなります。

野菜は、体を作るだけでなく、勉強やコミュニケーション、判断力、想像力、思考といった脳の発達にもかかわってきています。

日中屋外で遊ぶことが少なくなったせいでしょうか?
貧血や便秘に悩まされるお子さんも多いと言います。
野菜に含まれる鉄分や、食物繊維が、腸内環境をよくして便秘を解消してくれます。

大人でも目移りするような、コンビニやファーストフードでの食べ物に、思わず手が伸びてしまう誘惑が多いのも、今の子供を不幸にしています。
簡単に食べられる食事で、お腹が一杯になり、無理して嫌いな野菜を採る必要性も感じなくなっているのかもしれません。

仕事を持っているお母様も多く、野菜嫌いの子供のためにあれこれ、料理を工夫する手間をかけられないと言うこともあります。
でも、背に腹は代えられませんので、諦めて欲しくはありません。

実は、お米を炊く時にスプーン一杯の粉末をふりかけるだけで、上記に上げたような野菜の成分が簡単に採れる栄養機能食品があります。
健康コーポレーションから発売されているう、『ひとてまい』といいます。

『ひとてまい』は、着色料、保存料、香料がゼロで、小さなお子さんでも安全であるということが紹介する理由です。
しかも、振りかけたお米はとっても美味しく、古米でも新米のような風味があると口コミに書かれていました。

”我が家は、ちゃんとバランスよく食事を食べている”といわれる方でも、ひとてまいを検討してみてください。
作物をつくる畑は、化学肥料の使うために栄養の少ない野菜しか育たないと聞きました。
約50年前の自然堆肥を使用していたころの野菜と比較して、半分の栄養しかないそうです。

『ひとてまい』に入っている、栄養の細かい内容は、こちらからご覧になれます。
⇒ ひとてまい






トラックバックURL

http://hunbare.com/archives/yasai/trackback/

コメントはまだありません»

No comments yet.

Leave a comment

*